狂犬病 犬の治療 ドック

うちには、三匹のチワワさんがいるのですが、
病気の予防接種というのがを毎年打たないといけないことになってます。
その代表的な誰でもご存知のものに、狂犬病の予防接種があるのですが、
それが、日本の獣医師団体と役所の利権であって、犬には何のメリットもないどころか
副作用で毎年5万匹に被害が出ており、そのうち三千匹は死んでいるという衝撃的な
レポートを見つけました。

http://www.aikenn.net/kyokenbyo.htm

狂犬病がほぼ全滅した先進国では、予防接種は義務どころか、

してはならないと決められているとは衝撃です。
また、狂犬病が残るアメリカでも、その予防接種は三年に一回のみ。
一回すれば、三年は大丈夫で、日本のように毎年義務付けている先進国はない・・・
これが本当ならとんでもない話です。

じゃあ、打たなきゃいいのでは?
と、ペットになんの興味もないあなたは思うでしょう。

ところが、ペット用ホテルやペットも泊まれるホテル・旅館などは必ず
狂犬病接種の証明書の提出を義務付けているし、
街のペットの美容院などもそう・・・。
これらは、接種していないと全く利用できなくなります。

獣医師会と役所、それからペット産業との利権のトライアングルがあるに違いないです。

人間に対する医療の後進性は子供の闘病で経験しましたが、
まったくもってこの国は動物に対しても、めちゃくちゃ遅れてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です