犬服 ドックウェアについての見解

犬に服やサングラスを着せて写真を撮る職業の人が、

「犬は可愛がられて喜んでいる。」

と主張したのに対し、

「犬は迷惑に思って嫌がっている。」

と猪瀬が主張したのです。

服を着せられ暑かろうが、サングラスを掛けさせられ鬱陶しかろうが、飼い主がそれで喜んでいるのですから犬も喜んでいて当然です。

「お手!」「お座り!」「走れ!」「取ってこい!」

と言われたなら、その通りにする事に喜びを感じ、飼い主と意思疎通がままならずその通りに出来ない事をストレスに感じます。

「服!」「サングラス!」

といえば問答無用で「服」「サングラス」です。

猪瀬は、都知事になる前から、元々、少し変な人間なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です